秋田蔵元ガイド


秋田酒類製造株式会社[高清水]

高清水の歴史

江戸、明治、大正、昭和と酒造りをしていた12の酒造家が、昭和19年に完全企業合同を行い秋田酒類製造株式会社として発足したのが「高清水」の始まりです。その折、戦後新体制の中で心機一転銘柄を改めようと公募したところ、5,037点の応募の中から選ばれたのが「高清水」。秋田市寺内大小路(通称「桜小路」)に今もこんこんと湧く霊泉「高清水」にちなんだものとされています。

蔵の特徴

雄物川、旭川、太平川、3つの川が集まる秋田市川元。蔵のあるこの地はすこぶる水が良く、藩政時代に秋田を治めていた佐竹公がお茶会用に汲んでいた井戸水と水脈を一つにすると言われ、現在でも清冽で良質な水に恵まれています。仕込みに使われる水は、硬度35.7。この天然水が柔らかな口あたりと、サラリとしたキレを生み出しているのです。高清水では「酒質第一」を社是とし、名水と良質米、そして人の和を基調とする高度な酒造りの技術によって、清酒「高清水」を造り続けます。

高清水の酒造り

旨みがある。香りがある。それでいて後味さわやか、のど越しが良い。酒質第一…高清水に脈々と受け継がれる、酒造りへの熱い思いを貫くために、蔵人は手間を惜しむことなく、その味わいに日々磨きをかけてきました。例えば「麹」。酒造りは麹造りといわれるほど、麹は酒の品質を左右する大切な役割を担っています。麹をふんだんに使うと、ふっくらとした深い味わいながら、後味の良い酒が生まれます。しかし、麹の大切さは分かっていても、コストや手間の問題から、麹を増やすことに消極的な酒蔵も少なくありません。麹使用量を示す「麹歩合」の基準は、本醸造などの特定名称酒で15%以上、普通酒では制約がありません。そのなかで高清水は、本醸造はもとより普通酒である「高清水精撰」に至るまで、20%以上にまで麹歩合を高めています。手間をかけ、麹をたっぷり使った、おいしいと言って頂けるものをお届けしたい。あくまでも真面目に、近道を選ばずに、高清水は、最高の酒造りを目指しています。

杜氏紹介 本社蔵五代目杜氏 菊地格氏

1987年に秋田酒類製造株式会社製造部に入社し、2014年本社蔵五代目杜氏に就任。鑑評会等でさまざまな賞を獲得している菊地氏に、酒造りのこだわりについて伺いました。
「歴代杜氏が築いてきた高清水の伝統の味は、コクやふくらみで表現される。この味わいを維持し継承するには、酒を造りだす微生物たちを良く観察し、彼らにとって働きやすい環境を整えるために温度や水分などを適切に管理することが大切です。 酒造りに一切の妥協はせずに愚直に取り組み、蔵人と共に一丸となって皆様に愛されるお酒を造り続けていきたいです」。

お問い合わせ先

名称 秋田酒類製造株式会社
代表 平川 順一
所在地 〒010-0934 秋田市川元むつみ町4番12号

大きな地図で見る
電話 018-864-7331
ホームページ http://www.takashimizu.co.jp