秋田蔵元ガイド


八重寿銘醸株式会社[白神山地の四季]

八重寿銘醸の歴史

昭和26年、東京市場へ秋田県産のお酒を販売するため、日本酒類販売株式会社(略称:日酒販)の提唱により、県下の酒造家16社の統一銘柄として八重寿の前身が発足しました。その後、酒質の均一化を目的に、昭和39年9月に県内の酒造家8社と日酒販が共同出資し、共同壜詰工場として「八重寿銘醸株式会社」がここ大仙市(旧大曲市)に設立されました。 銘柄名の「八重寿」の由来は八重洲の「州」をめでたい「寿」にもじって付けられたもので、手印銘柄を日酒販で社内公募の結果、当選した商標です。

酒蔵の特徴

秋田の冬の寒さの中で、ゆっくりと発酵が続き、育てられた八重寿の酒は、香りが良く、淡麗な喉越しの良い旨口の酒に仕上がります。平成9年に白神山地が世界自然遺産に登録されたことをきっかけに、白神山系の水を使った商品を開発しています。

蔵からのコメント

創業当初より、首都圏での販売を事業の中心に据えていたため、地元での知名度はあまり高くありません。秋田の酒では珍しい、辛口の酒になっており、これもまた秋田の酒のひとつのスタイルである、と考えています。今後は商品バリエーションの拡大が課題で、新商品開発を行いながら、愛飲家に愛される清酒でありたいと思っております。

お問い合わせ先

名称 八重寿銘醸株式会社
代表 飯嶋 康雄
所在地 〒014-0016 秋田県大仙市若竹町26-19

大きな地図で見る
電話 0187-62-0226
FAX 0187-63-6884
ホームページ http://www.osake.or.jp/kuramoto/27yaesu.html