秋田蔵元ガイド


株式会社木村酒造[福小町]

木村酒造の歴史

創業は元和元年(1615年)。県内でも2番めに古い歴史を持つ酒蔵です。1615年は、大坂夏の陣で木村重成が討ち死にをし、豊臣家が滅亡したころ。その木村重成の子孫の1人が、秋田まで逃げ延びて、現在の湯沢市で創業したのが始まりと云われています。秋田県湯沢市は豪雪地帯として知られており、冬期は寒冷な地域で、清冽な水に恵まれています。また、院内銀山が栄えたことで、多くのお酒が消費されるようになり、木村酒造もそれとともに栄えました。
古くは「男山」という酒名のお酒を造っていましたが、明治14年に明治天皇が秋田にいらっしゃった際、木村酒造に宿泊した従事の方に「男山というよりも、女性的なお酒ですね」と「福娘」という酒名を賜りました。昭和になるまでは、男山と福娘という銘柄のお酒を出荷していましたが、商標が他社と重なるという問題に直面。小野小町の生誕の地と云われている湯沢の酒蔵であることから、現在の代表銘柄である「福小町」が誕生しました。
また、2012年には、世界最大のワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2012」で、「大吟醸・福小町」がSAKE(日本酒)部門の最高賞「チャンピオン・サケ」を受賞。689銘柄の頂点に輝きました。

木村酒造の酒造り

創業以来、脈々と受け継がれてきた伝承の技は、杜氏や蔵人が何度となく銘醸地に赴き、研鑽を積んで築き上げてきたもの。蔵の中にはオートメーションの設備などはなく、すべて蔵人たちの手によって造られています。毎年、米の出来や気温、雪の量などが変わるため、毎年同じ味のお酒を作るのは至難の業。そのため、醪の最高温度を低く抑え、発行日数を長くかける“寒造り”にこだわっています。できるかぎり自然に任せた酒造りを行う。そのために最適な環境を造ることに徹している。それが、木村酒造の酒造りのこだわりです。

杜氏紹介 [高橋 廣 - Hiroshi Takahashi]

昭和19年3月4日生まれ。1989年より木村酒造に蔵人として従事。1994年より杜氏を務める。杜氏である高橋氏に、酒造りでのこだわりを伺いました。
「私が40年以上酒造りにかかわり、わかったことは酒に無理をさせるとおいしいお酒にならないということ。できるかぎり自然に任せ、微生物たちの力に任せて醸すことで、おいしいお酒ができます。今は醸造技術が発達して、良いお酒を造りやすくなりました。コンピューターで数値化したデータを比較検討することも容易になった。それでもね、私は木村酒造がこだわってきた“寒造り”とは、“勘造り”でもあると思っています。目と鼻と長年の経験、そして代々受け継がれてきた知識が一瞬の判断を下すことに繋がる。データ解析ももちろん必要なことですが、酒造りをしていると、その一瞬の判断が迫られる場面があるんです。この蔵は、長い歴史の中で何度も閉鎖の危機に直面し、その度に乗り越えて復活してきました。IWC2012での最高賞を受賞したのも、神様が見守ってくれているからだと思うんです」。
昔から神事に日本酒は欠かせないものです。だからこそ、魂を込めて造り、飲む人の心を癒やす酒でありたい。そんな思いを教えてくださいました。

お問い合わせ先

名称 株式会社木村酒造
代表 米山 忠行
所在地 〒012-0844 秋田県湯沢市田町2丁目1番11号

大きな地図で見る
電話 0183-73-3155
FAX 0183-73-3154
ホームページ www.fukukomachi.com