●蔵元(代表者)の紹介
代表者名:村上雅彦


●蔵の沿革・歴史について
創業は明治5年で尾去沢鉱山の隆盛と共に歩んできた。
昭和13年に全国品評会で名誉賞、戦後も県の品評会で首席優等賞を受賞した。
企業合同の合理化等により鹿角の酒造りが跡絶える危機に直面したが、昭和62年に存続体制が確保でき、平成3年に地元酒類業界が結束し、新会社設立が実現した新たな一歩が踏み出せた。
●銘柄の由来について

創業者田村茂助は不老長寿の願いをこめ千歳と命名した。大正11年に更なる繁栄を祈願して千歳盛とした。


●蔵の所在地域の紹介
鹿角市は北東北三県(秋田、青森、岩手)のほぼ中央に位置し、すばらしい自然景観を持つ十和田八幡平国立公園をはじめ、大湯、湯瀬、八幡平の温泉郷、縄文遺跡の環状列石などの史跡、花輪ばやしをはじめとする民俗芸能など数多くの観光資源を擁する。マインランド尾去沢など観光施設も多く全国より多くの観光客が訪れる。

《銘酒紹介へ》

《杜氏紹介へ》
《かづの銘酒株式会社ホームページへ》