秋田蔵元ガイド


秋田銘醸株式会社[爛漫]

爛漫の歴史

「美酒爛漫」醸造元の「秋田銘醸株式会社」は、大正11年(1922年)、“良質な米と豊かな水によって造られた秋田の酒を全国へ”という願いと期待を受け、当時の酒造業ほとんどが伝統的な家内工業であった県内酒造家や政財界人等の出資者によって株式会社として設立。県外市場で「美酒爛漫」の地盤を築くため、品質の優れた酒を安定供給が必須の条件と考え、設立当初から量産可能な近代的設備を導入した工場としました。また、銘柄「美酒爛漫」は、創業時に一般公募によって選出いたしました。

美酒爛漫の酒蔵の特徴と酒造り

秋田銘醸(株)には「御嶽蔵」と「雄勝蔵」の二つの蔵があります。雄勝蔵は、長年の伝統技術を継承しながら手造り製法で酒造りをしています。御嶽蔵は、伝統技術を機械設備に反映し、コンピュータ管理による省力化を図った衛生面も配慮した酒蔵としては珍しい5階建ての酒蔵工場となっています。設立以来、美酒爛漫は一貫して「酒質第一」の理念のもと、みちのく秋田県湯沢市の自然に恵まれた風土や特色を生かした醸造法で、均一な酒質を安定供給することを意識しております。近年では、清酒原料米においても秋田県との共同で新品種「ぎんさん」を開発し、地域農業生産者との連携や県内蔵元の新品種利用などに貢献しています。さらに、香りと味わいに特徴ある特定名称酒「香り爛漫」のシリーズ化や新品種「ぎんさん」を使用した「特別純米酒」の製造・販売も始めました。

杜氏紹介

美酒爛漫の杜氏は、品質第一主義に徹しながら、手間暇を一切惜しまず美味しい日本酒造りを日々追求しています。特に、美酒爛漫の販売量が多い普通酒(美酒パックなど)は、飲み飽きしない軽快さと味わいを大事に醸造しております。また、香り爛漫などの特定名称酒は、当社が長年培ってきた低温でゆっくりと米の旨味や華やかな香りを引き出す発酵法で管理し、搾ったお酒も直ぐに壜詰め、殺菌、低温貯蔵の管理による品質維持に努めております。

お問い合わせ先

名称 秋田銘醸株式会社
代表 京野 勉
所在地 〒012-0814 秋田県湯沢市大工町4番23号
電話 0183-73-3161
FAX 0183-72-3247
ホームページ http://www.ranman.co.jp/ranman/